ブログ「相続の現場から」

税務調査を受けました

投稿日:2019年12月30日

会社を設立し5年半

6期目を迎えた先日、初めて税務調査を受けました。

 

所轄は、当社本店所在地を管轄する日本5大税務署の一つ麹町税務署

2人で来るのかなあ~と思っていたら、上席1人でした。

 

1人だと楽勝なのか/厳しいのかと言うと、「どちらとも言えない」って感じでしょうか。

 

2人だと、話す人メモを取る人が分かれるから効率良いし、資料を見るのも早いし、もしかしたら早く終わるかもしれないと言う期待感があるものの、重箱の隅をつつくのが倍になるうっとうしさもあります。

 

一方、1人だと、話しながらメモを取り、資料を見るのも時間がかかり、なかなか帰ってくれないジレンマがあり、しかもそれなりの担当者に調査されるので緊張感が漂うのですが、目の前の1人だけに対応すれば良いので(少しは)気が楽です。

 

特に今回は上席と言うベテラン1人でしたので、なかなか眼光が鋭い。

雰囲気のある調査官で、玄人臭プンプンでした。

 

(このブログもチェックされているみたいなので、アレコレ書けないのが残念ですが)

2日間も事務所に缶詰だと、当社のようにプレイヤーが1人しかいない会社は当然売り上げが落ちるので、ある意味営業妨害ですよね。

 

「売上が落ちたら納税額も減ってしまうので、国税も困るんじゃないですか?何も問題なかったのですから、貴重な時間を頂戴し申し訳ありませんでした位言えないのですか?」と言ったら、「ルールですから」だってさ。

 

分かってるっちゅーの!

 

結局、何も問題なし、一切お咎めなし

 

「人間ドック代が福利厚生費じゃない」とか「成果物がないコンサルティングの売上計上時期がどうのこうの」と言ってましたが、だから何?って感じです。

 

何も問題がないと、今はこんなの↓来るんですよ。

 

 

それでは皆さん、良いお年を!

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop