ブログ「相続の現場から」

セミナー・研修のオンライン化は止められない

投稿日:2021年4月1日

令和3年3月24日(水)で2020年度セミナー・研修が全て終了しました。

 

今期講師を務めたセミナー・研修65回、うち36回オンラインでした。つまり、オンライン率55%と半分以上が画面越しでした。リアル会場でもオンラインによる同時配信を行ったものもありましたので、体感的には3分の2程度がオンラインだったような気がします。

 

2019年度セミナー・研修97回、うちオンライン12回オンライン12%でしたので、ガラっと状況が変わりました

 

前期比で回数3分の2に減り、オンライン率300%の伸び率。

 

もちろん原因は新型コロナウイルスですが、理由はともかく、セミナー・研修開催スタイル劇的な変化がもたらされたことは事実です。

 

地方の方から「コロナのおかげでようやく東京や大阪の人と同じ土俵になった」と言われます。つまり、今までは1万円セミナー3万円かけ、2時間話を聞くためにマル1日割かなくてはいけなかったのが、オンライン化の進展により、東京大阪の人と同様に1万円かつ数時間の拘束で受講が可能となったと言うこと。

 

「コロナが終息してもこのままオンラインでセミナー・研修を行って下さい」と言われます。

 

確かにオンラインお金時間地域間格差をなくしました。そこは怪我の功名かもしれません。

 

しかし、オンラインでしかつながっていない人はずっと画面越しでしか会うことができず、バーチャルな感じがしちゃってなかなか距離感が縮まりません

 

参加者講師の関係だけであれば距離感を縮める必要ないのかもしれませんが、せっかくあって僕の講義に参加してくれたのですから、この機会にもっと色々な話をし、仲良くなり、互いに有益な関係を築いていければ…って思うのです。

 

これからもオンライン化の流れは続くでしょうから、試行錯誤しながら前に進みたいと考えています。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVDコース
  • オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座

DVD・オンライン受講コーナー

DVDを購入 オンライン視聴を購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop