ブログ「相続の現場から」

新聞の見方『金融庁、保険代理店にメス』

投稿日:2022年6月27日

令和4年6月22日(水)の新聞に、『金融庁、保険代理店にメス~「説明不足」など苦情高止まり~生損保24万店実態調査、改善なければ立ち入りも』の記事がありました。

 

保険契約を巡るトラブルが絶えないため、今後金融庁が本腰を入れて保険代理店監視していくそうです。

 

記事によると、

●公的保険の説明を十分果たしていない

●外貨建て保険など元本割れのリスクを知らなかった

●手数料目的で短期間で次々保険を乗り換えさせられた

等のトラブルが報告されています。

 

そもそも、公的保険の説明って保険募集人が行うべきことなの?それって国の役目じゃない?社会保障制度国民生活していくための重要な骨幹でしょ。国民文句言われないようわざと難しい制度にしといて、理解させていないの自分達(国)の責任を棚に上げ、「公的保険について説明しろ」っておかしくない?

 

公的保険補完私的保険だと言うなら、保険会社「本来自分達がやらなければいけないことをやって頂きありがとうございます。」頭を下げるのが筋でしょ。自分達が役目を果たさないから国民が理解できていないのであって、「説明しろ」上から目線で言うのはどうなの???

 

騙す方が悪いのは当たり前の話として、騙されたくないなら我々も勉強しなくちゃ。もしくは、印鑑つく前に別の人に聞いてみるとか、家族に相談してみるとか、色々できるでしょ。

 

「騙される方が悪い」とまでは言わないけど、騙されないよう自分達も工夫するべきだよね。

 

今後、代理店に対し、

●どの商品をどれほど売ったか

●保険募集と独立したコンプライアンス部門の責任者が明確か

等の報告を求めるそうです。

 

確かに自分達の手数料しか頭にない募集人もたくさんいるけど、そういうビネスモデル構築されてしまったのを見過ごしてきたにも責任あるよね。

 

報告義務を課せばトラブルなくなるかと言ったら、少しは減るかもしれないけど、募集人モラルスタンスフルコミ系稼得システムは変わらないんだから、「顧客本位」絵に描いた餅になるような気がするけどなあ…。

 

基本的に営利企業働く人達稼ぐことで生きている(収入を得ている)のだから、「いい人だから」信じる前に、「笑顔は爽やかだけど大丈夫かな」疑う気持ちを持った方が無難だと思います。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop