相続スペシャリストのブログ

相続訳第4弾「お任せします、先生のいいようにやって下さい」

投稿日:2016年2月18日

「相続」って本当に難しいですよね。

専門用語は飛び交うし、手続きは複雑だし、色々な特例がありややこしいし、知識は奥深いし、関係者が多くて面倒だし…専門家と言われる人達だって、「相続」の全てを完璧に理解している人なんていないと思います。

 

そんな中、相談者から

「お任せします、先生のいいようにやって下さい」

なんて、言われたらどうしますか?

 

ちょっと嬉しくなっちゃう?

 

その気持ち、分かります(笑)

遂に僕もここまでお客様から信頼を得たか…なんて自分の顧客グリップ力に満足しちゃうかもしれませんね。

 

もちろん、そう言われたからって、本当に全て自分の思い通りにやってしまっては駄目ですよ。

所詮我々は相続コンサルですから、最終判断を下すのは相談者自身です。

 

「お任せします、先生のいいようにやって下さい」

この言葉が出たら、

①「任されたのだから」と勝手に話しをまとめると、良かれと思ってやったことなのに、後々責任を取らされる可能性がある

ことに注意することと、

②お任せするんだから、私にメリットが大きくなるように組み立てなさいとプレッシャーをかけられる

ことに要注意です。

 

以前、一次相続手続きのサポートを行った際、決断力がなく、かつ考えることが苦手な相続人から「お任せします、先生のいいようにやって下さい」と言われ、二次相続対策を念頭に、税理士や弁護士、司法書士と一緒に一生懸命考え、その相続人にとってベストな提案を行ったのですが、「何故、私が実家を相続出来ないんですか!」と一蹴されてしまいました。

 

だったら最初に言ってよ~(泣)

「任せる」って言ったじゃん…。

 

第5弾は

「信じてますから」

をお送りします。(←嘘です)

バナー

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop