相続スペシャリストのブログ

相続の現場から『素人を甘く見ないでね』

投稿日:2016年10月4日

先日、高齢になるお母様が保有するアパートについて相談がありました。

土地はお母様名義建物(アパート)は法人名義

持参して頂いた決算書等の資料を見て、悲しくなりました。

 

●年間売上(賃料)が300万円未満に過ぎず、法人化しているメリットなし

●株主の過半が既に死亡している(と言うか、50年間株主の異動なし)

●生存している身内だけでは議決権不足

●お母様から会社へ貸付金があるが、会社からの返済可能性ゼロ

 

ちょっと見ただけでも問題点だらけ。

 

顧問税理士に毎年まあまあの金額を支払っているとのことですが、顧問税理士は一体何やってるの???

●高齢なんだから「貸付金を何とかしとかないとまずいですよ」って言わないの?

●「個人事業で充分な規模です」って提案しないの?

●50年間株主の異動がないこと、不自然だと思わないの?

 

顧問税理士は「難しい話ですから」といつも何の説明もしてくれないそうです。

 

少ない(少なくないけどね)顧問料なので、言われたことだけやりますってスタンスですか?

それとも気付かないレベルですか?

気付いていたけど<どうしたら良いか>のアイデアが浮かびませんか?

 

真相は不明ですが、「このまま時が過ぎた方が自分達は潤うし、相続が発生したら美味しい」と確信犯だったら怖いですね。

 

素人を舐めちゃ駄目ですよ。

時々僕のような人間が相談に乗ったりしますから。

 

さてと、どこから手と付けましょうか。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop