相続スペシャリストのブログ

相続の現場から『自分の思い通りにならないと…』

投稿日:2016年12月1日

先日、『相続対策コンサルティング契約』を締結した先から契約を解除されました。

 

「先妻の子に財産が渡らないよう、大至急に対策を講じたい」という依頼であり、司法書士税理士弁護士を交えチームを組み、コンサル内容は玄人受けするメニューを組みました。

遠隔地の案件でしたが、相談者の要望に応えるべく、かなり力を入れて対応していました。

 

相談者は資産家お坊ちゃまなため、常に周囲は自分をチヤホヤしてくれる人ばかりだったらしく、「吉澤もそう扱ってくれる」と思っていたようです。

 

ところが、僕はチヤホヤしませんでした。

 

「自分は何もしなくても周囲がやってくれる」と思っていたのに、そうならなかったから面白くなかったのでしょう、突然「契約を解除したい」と言ってきました。

 

あのね、目的は何でしたっけ?

当初、東京からの物理的な距離を理由に「痒い所に手が届かないから」と断ったのに、「何とか先生に助けて欲しい」と懇願されて受託した経緯は何だったのですか?

 

正直、契約を解除されホっとしています。

この後、嫌な思いをしなくて済みますから。

 

しかし、契約する前にしっかり相談者のことを見ないといけませんね。

自分自身に<奢り>と<過信>がありました。

反省。

 

後は契約書に則り、事務的に処理します。

 

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%9b%b8

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop