相続スペシャリストのブログ

遺産分割の対象財産が何か、知ってますか?(その1)

投稿日:2017年3月14日

遺産分割の対象財産が何か、正確に知っている人って意外と少ないんじゃないでしょうか。

 

一般的に、税理士や司法書士等は、被相続人の財産を網羅的に遺産分割協議書に記載しているだけの方がほとんどだと思います。

相続に携わっている方でも、遺産分割の対象と<なる>財産と<ならない>財産について、きちんと相談者に説明している人って少ないと思います。

 

<争族>になった場合、当事者間で話し合いがまとまらなければ、最終的に調停や審判等で決着をつけることになります。

そうなったら、「何が遺産分割の対象で、何が遺産分割の対象じゃないのか」をきちんと理解していないと論点が無茶苦茶になります。

 

だとすれば、当初から「何が遺産分割の対象で、何が遺産分割の対象じゃないのか」を整理し、それを踏まえて話し合いを行っておかないと、ステージが上がった途端に前提条件が崩れ、将来かっこ悪い話になってしまいます。

 

また、相続対策を講じる上でも、「何が遺産分割の対象で、何が遺産分割の対象じゃないのか」が分かっていないと、提案出来ません。

 

次のうち、遺産分割の対象となる財産はどれだか分かりますか?

①銀行預金

②借金

③葬儀費用

④相続時にあったが、遺産分割時に無くなっていた有価証券

⑤相続後に発生したアパートの賃料

 

正解及び解説は次回のブログで。

 

%e8%a9%b1%e3%81%97%e5%90%88%e3%81%86

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop