相続スペシャリストのブログ

相続の現場から『20億あるんだけど、どうしたらいい?』

投稿日:2017年11月2日

先日、ある会社の相続研修を行った際、話し終わって片付けをしていると一人の男性が近付いてきました。

年齢は60歳前後だと思います。

 

男性「さっきの話しなんだけど、2億とか3億とかだったらどうにでもなるけど、20億あるんだよね。どうしたらいい?」

吉澤「???何の話ですか?」

男性「相続だよ」

吉澤「相続の何ですか?」

男性「相続税だよ。相続って言ったら相続税に決まってるじゃない。」

吉澤「そうなんですか、知りませんでした(苦笑い)。相続税がどうかしたのですか?」

男性「払いたくないに決まっているじゃない。一銭も払いたくないんだって、その人が。」

吉澤「それだけの情報で何か言えると思いますか?」

男性「だって、吉澤さんなら知ってるでしょ。」

吉澤「仮に案が浮かんでいるとして、それ、教えないと駄目ですか?」

男性「・・・・・」

吉澤「それ、軽く答える話じゃないですよね。本人からの依頼なく、コンサル契約も結んでなく、言いますか?普通。そもそも紹介者がいない案件はやらないんで。百歩譲って今答えるとして、仮に今の相続税が4億円で、それをゼロに出来たら2億円請求しますけど答えていいですか?」

男性「・・・・・」

吉澤「相談は無料じゃないんで。相談に乗ることが自体が僕の仕事です。無料相談のボランティア団体じゃないので。」

男性「・・・・・」

 

まあ突っ込み処満載の会話です。

 

あ、節税コンサルに携わる際は、税理士と一緒に協働しますからね。

「税理士法違反」とか揚げ足を取る方が時々いらっしゃるので、一応言っておきます。

 

ちなみにその男性、(周囲の方によると)成績抜群、稼ぎまくってるんですって。

「自分は相続・事業承継に詳しい」と公言してるんだそうです。

 

敢えてこれ以上何も言いませんけどね…。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

吉澤塾 相続事例研究会

DVD販売

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop