ブログ「相続の現場から」

相続セミナーや研修と言っても色々あります

投稿日:2020年3月9日

本格的な<少子高齢化・人口減少社会>に突入し、ますます盛り上がる【相続マーケット】

 

街には相続マーケットプレイヤーを対象にしたセミナー研修が溢れています。

(もちろん、当社もその一つです…)

 

その内容目的は、大きく次の3つに分けられます。

①相続そのものを教えるもの

②相続ビジネスを教えるもの

③相続で使える手段(商品)を教えるもの

 

①相続そのものを教えるもの

相続と言ってもその分野には色々とあり、会社オーナーを対象にした事業承継系地主メインの不動産系終活介護看取り遺品整理等様々に細分化されるため、それぞれの分野に特化して教えているものもあれば、いくつかの分野をまとめて教えるものもあります。

 

②相続ビジネスを教えるもの

どうやって顧客を増やすか、士業とのネットワークを構築するか等、どうやったらビジネスして確立するか儲かるか、つまり相続マーケットにおけるビジネス展開について教えるものです。

 

③相続で使える手段(商品)を教えるもの

民事信託保険、遊休地の有効活用不動産投資なんかが代表格、特定の手段商品について、どうやったら成約するか、約定に至るか等、その商品への誘導スキームを教えるものです。

 

どれが良いか・興味があるか、は人それぞれ。

 

自分に足りないもの求めるもの期待すること等、目的に合わせて選択したら良いと思います。

 

悲惨なのは、目的と違ったセミナーや研修に参加してしまうこと

 

そのために、セミナーや研修を主宰する会社(人)は、<開催目的><趣旨><得られる効果>を明確に示す必要があります。

 

当社が主催する相続実務研修『吉澤塾』は、上記で言えば①相続そのものを教えるものに該当します。

 

『吉澤塾』の目的は「現場に強い、本物の相続コンサルタントを養成すること」であり、参加したからと言って急にお客様が増えたりネットワークができた保険がガンガン取れたり不動産がバンバン売れたりすることはありません。

 

純粋に相続実務に強くなるだけです。

 

しかし、過去に参加して頂いた塾生の方々を見ると、相続実務に詳しくなって本業でマイナスだった人はいません

 

本当の相続に触れることができ、お客様に正しい情報を伝えられ、かつどこの誰に何をどうのように相談したらよいかの道筋を示すことができるようになる、つまり<相続実務に強くなる>ため、結果として潤っている方が多いと思います。

 

4月から相続実務研修『吉澤塾11期(半年コース)』東京大阪で始まります。

※10月からの『吉澤塾(半年コース)』はお休みする予定ですので、令和2年度中に学べる機会は11期しかありません。

 

☑相続の現場に強くなりたいと思っている方

☑本に書いていない実務を学びたい方

是非いっしょに学びましょう!

 

【東京】『吉澤塾11期(半年コース)』の詳細及び申込みこちら

【大阪】『吉澤塾11期(半年コース)』の詳細及び申込みこちら

 

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop