ブログ「相続の現場から」

釣った魚に餌をあげない…

投稿日:2021年4月20日

先日キャンプに出掛けた際、営時に突然突風が吹き荒れ、テント破損してしまいました。

 

一番大事にしているお宝テントなのに…と落ち込んでいたところ、ありがたいことに塾生から「損保の携行品で修理代出ますよ」天の声が…。

 

帰宅して加入している保険証券を見たら「携行品補償」がついていました!

 

そこで、早速加入している代理店事故が起こった旨連絡したのですが、その対応の悪さに頭にきました。

 

状況を細かくヒアリングするのは事故受け付けルールだからいいのですが、少しでも加入者の立場に立って保険金がたくさん下りるように助言するのが代理店の役目じゃないの?「あれは駄目」「これは無理」と、どうにかして支払われる保険金額が少なくなるよう重箱の隅をつついているとしか思えない。別にズル保険金をふんだくろうなんて思っていませんが、こういうことがあるかもしれないからと保険に加入しているのであって、ついにその時が来たのですから、長期に渡って保険料を支払い続けてきた顧客「加入しておいて良かった~」となるよう対応するのが仕事じゃないの???

 

釣った魚には餌あげないってこと???

 

今加入している保険そのものに問題はないし、乗り換えるのも面倒なので契約はそのまま継続しますが、もし将来誰かから相談されたら「あの代理店からは入らない方がいいよ」と言うでしょうね。

 

評価上げるのって大変ですが、下げるのは一瞬です。

 

新規契約する時だけチヤホヤし、釣った魚に餌をあげないような対応しているようではこの先ありません。「加入するならあの代理店がいいよ。親切だしオススメ。」って言われる代理店を目指さないと。

 

やはり、失敗トラブルからは学べますね!

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop