ブログ「相続の現場から」

駐車場運営会社に貸した土地は駐車場業に該当するか?

投稿日:2021年12月3日

時間貸駐車場を運営する会社土地賃貸した個人地主に対し東京都個人事業税を課した事案で、令和3年8月26日、東京高裁原審の判決を支持東京都の請求を棄却しました。

 

地主が所得税の確定申告を行ったところ、東京都「個人事業税の課税対象となる駐車場業を営む者に該当する」として個人事業税賦課決定処分を行いました。

 

これに対し、地主「時間貸駐車場を運営する会社に土地を貸しているに過ぎず、自ら駐車場業を行っている訳ではない」賦課決定処分取り消しを主張しています。

 

一審東京地裁地主の請求を認め東京都控訴したところ、二審(東京高裁)でも「個人事業税の対象となる駐車場業とは、個人地主が事業と言える程度の形態で有料の駐車場が営まれていることが必要であり、本件地主自身が駐車場業を営んでいる訳ではない。」原審の判断を支持し、東京都の主張を斥けました

 

本件について東京都最高裁への上告を断念したことが分かりました。つまり、判決が確定したことになります。

 

現在東京都「駐車場業」認定基準について見直しを行っています。

 

東京都に限らず、他の都道府県でも駐車場業に該当するか否かの判断は、自ら駐車場業を行う者に限らず、土地を事業者に貸し付けている場合も含まれるとしています。

 

東京都基準見直しは、同様の基準を採用している他の都道府県にも影響を与える可能性があります。

 

駐車場業を営む会社に土地を貸し付けている地主の方要注目ですよ!

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop