相続スペシャリストのブログ

相続訳第5弾「信じてますから」

投稿日:2016年2月29日

第1弾「私は揉める気ないから」

第2弾「とにかく平等にして頂戴」

第3弾「先祖からの財産を守りたいだけなんです」

第4弾「お任せします、先生のいいようにやって下さい」

に続く、待望(?)の相続訳第5弾「信じてますから」をお送りします。

 

本当に信じている人は「信じてますから」なんて言わないですよ。

信じてないから「信じてますよ」とアピールし、「裏切らないでね」とプレッシャーをかけるんです。

 

ある相続案件で、「姉の事を信じてますから、全て姉に任せています」と言っていた妹が、水面下で金融機関の取引履歴を取り、市の無料税務相談に行き、法テラスで法律相談しと、<言ってること><やってること>がチグハグな人がいました。

口ではもっともらしいことを言っていますが、本心は違ったんでしょうね。

「信じてますから」と言う人に多い行動パターンです。

 

また、「信じてますから、私が不利にならないように配慮して下さいね」の場合もあります。

「あなたは私からの信頼が厚いのだから、まさか私を裏切るような真似はしないでしょうね」とプレッシャーをかけるんです。

 

口では何とでも言えますよね。

ですから、僕は言葉ってほとんど信じません

「大好き」と100回言われても、一度も会いに来なかったら所詮その程度、口先だけでしょう。

それより、何も言わずに10回会いに来てくれる人の方が信じられます。

ですから、僕は行動が全てだと思っているので、その人の本気度を言葉で判断することはありません。

 

第6弾は

「僕はいいんだけど、○○がね」

をお送りします。(←ネタ切れ間近)

 

バナー

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

吉澤塾 相続事例研究会

DVD販売

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop