相続スペシャリストのブログ

駆け込み相続税対策は限定的???

投稿日:2018年1月9日

昨年12月14日(木)、政府与党から『平成30年度税制改正大綱』が発表されました。

相続実務に影響がありそうな項目が目白押しです。

 

その中で、今回取り上げるのは『小規模宅地等の特例「貸付事業用宅地等」』

 

平成30年4月1日以後相続開始前3年以内に貸付事業を開始した宅地等には小規模宅地等の特例「貸付事業用宅地等」が適用できなくなります

 

但し、

●3年を超え、事業的規模で貸付事業と行っている者

●平成30年3月31日までに貸付事業を開始した宅地等

は、今回の改正の影響を受けないことになっています。

 

つまり、平成30年4月1日以降相続が発生しそうだから(失礼m(__)m)」と、あわててアパートを建てたり、賃貸物件購入しても効果は限定的、と言うことになります。

 

「貸家建付地」「貸家」「時価と相続税評価額の乖離」等の効果は今まで通りですので、今回の改正による影響はありません。

 

相続税対策として地価水準の高い宅地等で賃貸事業を計画している人は、来年3月末までに賃貸を開始しないと効果半減ですから急がないといけませんね。

 

今から建築したのでは間に合わないと思いますが、今年3月31日までに購入しかつ賃貸を開始するなら間に合うかもしれませんね

 

相続関連に特化した「税制改正セミナー」、今年もやります!

『相続に携わる方のための平成30年度税制改正』セミナー

【大阪】平成30年2月2日(金)14:00~16:30@西梅田、詳細及び申込みはこちら

【東京】平成30年2月6日(火)14:00~16:30@人形町、詳細及び申込みはこちら

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop