ブログ「相続の現場から」

相続の現場から『相続発生後の相談って、実は奥深い』

投稿日:2019年2月28日

「夫が死亡したので相続税の申告について教えて下さい」と相談があった場合、注意することは何ですか?

 

沢山ありますよね。

 

まず、家族構成を聞き相続人が誰になるか把握し、遺言書の有無を確認し、相続財産の内容や額を把握し、申告等手続きのスケジュールを助言し、何か懸念材料があれば指摘し、その上で適切な士業等専門家を紹介し、納税資金を確認し、ですね。

 

でもそれだけでいいですか?

 

先日「夫が死亡したので相続税の申告について教えて下さい」と奥様から相談を受けました。

 

手続きを進めていく中で「自宅の土地名義が夫の父(お爺ちゃん)のまま」なことが分かり、その延長でアレコレ聞いたところ、夫の両親お爺ちゃん&お婆ちゃん)の相続争族となり、解決しないまま夫(長男)が死亡したことが判明しました。

 

最初からそのことを相談者が言ってくれれば話が早いのですが、相談者であるお母さんは「実家の話しだから」と夫から詳しい事情を何も聞かされていなかった様子です。

 

この場合、被相続人(夫)の財産はどうなりますか?

 

何を分けますか?

相続財産額はいくらですか?

登場人物は誰ですか?

 

ね、奥深いでしょ?

 

入り口部分で気付くかどうかで、その後の展開が全然違ってきます。

「言ってくれなかったから助言できなかった」では通用しません。

 

相続に必要なのは「知識」「経験」

すぐに身につくことではありませんが、「相談者のためになりたい」と本気で思うのなら頑張るしかありません。

 

さ、勉強しましょ!

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop