ブログ「相続の現場から」

争族に“答え”を出す人も必要です

投稿日:2019年4月21日

「相続で何が一番難しいか?」と聞かれたら、間違いなく「争族対策」と答えるでしょうね。

 

(誤解を恐れず言えば)争族対策に比べれば、節税なんて簡単です。

だって、相続税にはルールがありますし、計算式だし、数字ですから。

(本当は奥深いこと分かった上で言ってます。)

 

一方、争族対策(遺産分割対策)にはルールなんてないし、納得するかしないかの判断基準は人それぞれ十人十色百人百色です。

 

相続人が遺産分割協議書に署名押印したり、調停審判で決着がついたたとしても、(気持ちの上で)それを皆が納得している訳ではないかもしれません。

 

「揉めると損する」「余計なお金がかかる」割り切っただけかもしれません。

 

相続手続きに一定の目処がついただけです。

 

「精神的に病んでいく」「良いことなんて一つもない」と分かっていても、自分の主張をやめられないのが人間の性ですから、遺産分割に一定の結論が出たとしても、それで全てが丸く収まっている訳ではないことを知って下さい。

 

もちろん相続人同士が仲良くなった訳でもありません

 

仲が悪い人はどうやっても仲が悪く、何かをきっかけに仲良しになることなんて(まず)ありません。

(例外はあるのでしょうが、僕は出会ったことありません)

 

だから、争族対策が一番難しいんです。

 

そう考えると、相続コンサルタントなんて所詮無力です。

 

争族の問題を根底から解決することができないんですから。

 

せいぜいできることは、相続手続きに一定の結論を出してあげることくらいです。

つまり、どこかの時点で一つの区切りをつけてあげるだけ

 

人の感情が百人百色である以上、世の中の争族をゼロにするのはかなりハードルが高いでしょうね。

もちろん減らすことはできると思いますが。

 

こう言うことを言うと、吉澤は争族推進派と思われてしまいますが、違いますよ。

僕だって争族は止めた方がいいと思ってるし、揉めない方がいいと思っています。

世の中から争族が減ることを心から祈っています。

 

しかし、ゼロにならない以上、なってしまったらどうしたら良いかなりそうだったらどうすべきか、の答えを持っている人も必要ですよね。

現にトラブルが発生しているのですから。

 

そこで、僕は“答えを出す”をモットーに活動しているんです。

 

答えと言っても、正解かどうかは分かりませんけどね…。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop