ブログ「相続の現場から」

吉澤塾相続研究会 第6回ZOOM勉強会『土地の価額の違いから互いの主張が交錯』

投稿日:2019年11月12日

令和元年11月11日(月)、吉澤塾相続研究会<第6回ZOOM勉強会>を実施しました。

 

 

今回は、著書『トラブル事例で学ぶ 失敗しない相続対策』の中から№3「土地の価額の違いから互いの主張が交錯。一体この土地いくらなの?」を取り上げ、

●相続と相続税の違い

●弁護士と税理士の違い

●実務としてどう動くべきか

について講義しました。

 

 

相続財産に占める不動産の割合は、バブル期から比べると随分落ちてきたとは言え、まだまだその比率は高いままです。

 

●分けにくい

●実際に売却しない限り厳密な時価は出てこない

●換金するのに手間がかかる

●エリアや思惑によって価格が異なる

等、相続における不動産はなかなかやっかいです。

 

今回、ホワイトボードを使ってみました。

ノートPCをくるくる回しながら話さないといけないなので、大変

 

 

時価評価額乖離に着目すれば、抜群の節税効果を生み出すのが不動産ですので、しっかり押さえておきましょう!

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop