ブログ「相続の現場から」

ファイナンシャル・アドバイザー2019年冬号は相続関係者必読!

投稿日:2019年11月22日

本日発売の、近代セールス社『ファイナンシャル・アドバイザー№239』2019年冬号(令和元年11年20日)は、まるごと1冊「相続特集」です。

 

民法改正で変わる相続対策アドバイス

――「新しいトラブル」とその対処法

 

 

表紙の裏側に「企画監修、吉澤相続事務所」と記載されているとおり、特集のコンセプトスタイル内容企画全体について僕が助言・監修しました。

 

巻頭【相続実務のプロフェッショナル対談】では、「磯野家の相続」でお馴染みの長谷川裕雅弁護士「民法(相続法)改正」について対談しました。

 

抜粋参考はこちら

 

法律の専門家と、相続実務の専門家ゴールは同じでも考え方アプローチ物の見方は全く違って面白かったですね。

 

弁護士は、法的な処理における根拠として今回の改正を評価します。

現場の相続屋である僕は、現場で使えるかどうかで今回の改正を評価します。

 

特集【<Q&Aで学ぶ>民法改正で今後起こり得る相続トラブルとその対策】では、いくつかの改正項目について、複数の弁護士が項目毎に解説するスタイル。

 

1.配偶者居住権編

2.居住用不動産の贈与の持戻し免除の推定規定編

3.預貯金の仮払い編

4.自筆証書遺言編

5.特別寄与料編

6.遺留分侵害額請求権編

 

(僭越ながら弁護士ではない)僕は「3.預貯金の仮払い」「5.特別寄与料」について解説しました。

 

「実際に適用(活用)したらどうなるか」は、実際の場面を想像し、そこから逆算してイメージしないといけません。

 

民法相続の基本ルールですから、そこは徹底的に理解する必要があります。

 

と言うことで、本誌は、相続に携わっている方必見・必読の一冊です。

 

是非お手に取り、じっくり読んで下さい!

 

近代セールス社のブックストアはこちら

Amazonはこちら

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop