ブログ「相続の現場から」

相続実務研修『吉澤塾10期<東京>』第2回「生前贈与」

投稿日:2019年12月6日

令和元年12月4日(水)、東京相続実務研修『吉澤塾10期』第2回講義を行いました。

 

タイトルは「生前贈与」

 

相続対策の王道、誰でも一度は検討するであろう、“あれ”です。

 

 

正しくは「無償譲渡」

誰かに、元気なうちに、タダで、価値のある物をあげること。

 

簡単な話しです。

 

が、『吉澤塾』は違います。

 

「110万円まで非課税ですよ」なんて説明、一切しません

 

●120万円贈与して1万円贈与税を払ったら安心です。

●贈与税の申告を行っておけば問題ありません。

●贈与契約書を作成しておけば大丈夫です。

 

これ、全部(ウソ、間違いとまでは言いませんが)都市伝説に過ぎません。

 

☑「贈与税を納めたこと」と「贈与が成立していること」は関係ありません。

☑「贈与契約書を作成しなければいけない」というルールはありません。

☑税法上「贈与とは」の定義はありません。

☑「民法上の贈与」と「税法上の贈与」の課税要件の違い、理解してますか?

 

等、相続に携わる専門家が踏まえておかなければいけない<真の話>をします。

 

だって、大事なのはお客様困っている相談者を助けるのが我々の役目ですから。

 

 

今回の事例研究は「先代が急逝した老舗の伝統産業の相続処理」について。

 

相当難しかった様子で、皆さん頭を抱えていました。

 

だって、相続に正解はありませんから。

 

 

講義の後は有志でお約束の懇親会「裏吉澤塾」、今回は忘年会を兼ねて実施しました。

 

 

今年も残す所あと少し。

アクセル全開で突っ走ります!

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop