ブログ「相続の現場から」

相続の現場から『未だに“夜討ち朝駆け”ってあるんですね…』

投稿日:2020年4月29日

最近相談に乗ったお客様の話。

「相続対策として築年数の古いアパートの建て替えを某ハウスメーカーから提案されている」とのこと。

 

アパートオーナーは高齢配偶者は既に亡くなってます

つまり二次対策ですね。

 

驚いたのはハウスメーカーの営業スタイル

●初対面でいきなり家族の写真を見せ、プライベートを語り始める

●朝早くから自宅前に立っている

●夜22:00過ぎでも平気で電話をかけてくる

●一日に何度もメールが来る

●メールは長文、「早く取り掛からないと手遅れになる」と煽られる

●上司と一緒に来て、なかなか帰ってくれない

●「今月キャンペーンなので」と自社特典を押し付けてくる

●泣き落としにかかる

 

違法営業だと思うのですが、優しいオーナーは誠実に対応してしまい、それがかえって先方に期待を抱かせてしまうと言う悪循環

 

「本当に相続対策として有効・有益な提案なのか検証して欲しい」と、お子様と一緒に相談に来られました。

 

答えは明快、話を伺い提案書を見た瞬間…なし!

 

だって、現状把握出来てないし、問題点は明らかにされてないし、長年暮らしている入居者の立ち退き問題もノーアイデアだし…建て替えることが決まっているだけの提案ですから。

 

相続対策に必要なのは「知恵」「工夫」です。

 

そもそも“答え”が決まってたらコンサルティングではありません

 

さてと、じっくりやりますか。

 

*写真は本文と一切関係ありません。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop