ブログ「相続の現場から」

予防医療と外科手術

投稿日:2020年5月1日

「病気になりにくい心身をつくりましょう!」

 

このことを【予防医療】と言います。

 

「病気になってしまってから治療するのではなく、その前に出来ることがあるでしょ」と日頃から気を付けておくこと…これ、とても大切な心掛けです。

 

しかし、いくら気を付けて生活していても(残念なことに)病気になってしまう人はいます。

 

だから医者さん必要です。

かかってしまった病気を治す手術する、とにかく、なってしまった病気は今すぐ処置しなければいけません

 

相続も同じ。

 

「揉めない相続の方がいですよ」争族をなくす活動は大事です。

そんな世の中になるといいなと思います。

 

しかし、現実として目の前に揉めてしまっている人がいる。

 

なので、相続における“医者”が必要です。

 

既に病気になってしまった人は【予防医療】では救えません。

 

誤解して欲しくないのですが、予防医療】必要です。

病気なる人は1人でも少ない方がいいのですから。

 

しかし、現実問題として、目の前に患者がいる。

 

なので、相続における“医者”は絶対に必要なんです。

 

既に困っている人を助ける専門家が求められています。

治療が必要な相談者が沢山います。

トラブルや悩みの解決につながる治療が求められています。

今、目の前にある問題を解決する必要があります。

 

誰がどう取り繕っても、仲良しになれない兄弟がいます。

避けたくても、争族から逃れなれない人もいます。

いくら時間をかけ丁寧に説明しても、経済価値は一致しません。

 

吉澤相続事務所は、正解のない相続の問題に「答えを出す!」会社です。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop