ブログ「相続の現場から」

売れてる=良い商品???

投稿日:2020年5月29日

先日、「継続して売れているのは良い商品であることが多いけど、<売れてる人>から買うのは気を付けた方がいい」という記事を読みました。

 

継続して売れている商品は、商品そのもの“良さ”があり、その“良さ”消費者に理解されているからこそ、継続的に売れているんだそうです。

 

一方、売れてる人(=トップセールスマン)の場合、

商品が良いから売れていると言うより、その人自身のスキルが優れているから売れるんだそうです。

 

なるほど。

 

そこで注意しなければいけないのは「その人自身のスキル」です。

 

スキルにも色々あります。

 

商品説明が上手い周辺知識が豊富笑顔が素敵口が上手い諦めず粘る周囲を巻き込むのが上手い数字に強い人脈が豊富フットワークが軽いマメプレゼンが上手いセンスが抜群…これ全部<営業スキル>です。

 

つまり「売れてる人に相談した場合、必ずしも購入者にとって一番良い商品を勧めてくれてる訳じゃない可能性がある」とのこと。

 

消費者が支払う手数料が高かったり、商品性が劣っていても、その人自身に「売る力がある」ため、結局成約に至ってしまうケースが多いんだそうな。

 

結局「後で考えたら他にもっと良い商品があった」となる場合もあるんですって。

 

なるほど、分からなくもないですね。

 

でも、「騙された」というなら販売者が悪いですが、そうじゃないなら購入者にも非がありますよね。

だって、その時納得しちゃったんでしょ?

 

とは言え、イチ消費者としては、注意すべきポイントとして覚えておいた方が良いかもしれません。

 

「あの人は凄く売れてるからきっと素晴らしい商品を扱っているんだろう」と思って相談したら、気持ちよくセールスされて、結局手数料が高いだけの商品を掴まされていた…なんてこと、あるかもしれませんから。

 

一体、誰を信じていいのやら…。

 

やっぱり「自分の身を守れるのは自分だけ」なのかな…。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop