ブログ「相続の現場から」

相続実務ワンポイント「残高証明書に要注意!」

投稿日:2020年10月5日

相続が発生し相続税の申告について税理士に相談すると「金融機関に依頼し、故人がお亡くなりになった日の残高証明書を取って下さい。」と指示されます。

 

これって実は“落し穴”が隠されていること、ご存知ですか?

 

相続税「点」です。なので、相続発生日残高証明書を取り寄せるのは間違いではありません。

 

では、7月17日の相続が発生したとして、相続人が同日付残高証明書の発行を依頼した場合、金融機関7月17日何時の残高について証明書を発行すると思いますか?

 

「依頼した時間?」「指定した時間?」「その日の朝一番?」「窓口が閉まる15:00?」「夕方17:00?」

 

 

正解は(銀行によって異なりますが多くの場合)7月17日の24:00です。(23:59:59秒の銀行もあります)

 

つまり、相続発生日の日中に資金異動があった場合、残高証明書に記載されている残高とは、日中の資金異動後の数字になります。

 

大事なのでもう一度言います。相続税は「点」です。この「点」とは「日」ではありません。正に「その時」を指します。

 

が亡くなり、病院葬儀会社への支払いのため親のキャッシュカードを使用して相続発生日に銀行からお金を引き出している場合もありますので、必ず通帳の取引履歴残高証明書を照らし合わせ、不明瞭な資金異動がないか確認しなければいけません。

 

それが最終的にお客様を守ることにつながります。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVDコース
  • オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop