ブログ「相続の現場から」

新聞の見方「コロナの影響により少子化が加速」

投稿日:2021年5月31日

令和3年5月26日(水)の新聞に、『少子化 コロナで加速~昨年度、出生数4.7%減~婚姻・出生控え響く』の記事がありました。

 

記事には「2021年の出生数が過去最少、戦後初めて80万人を割り込む可能性が高い」とあります。

 

理由は理解できます。

●出産時に立ち会いできないから妊娠を控えた

●感染拡大で妊娠を延期若しくは諦めた

●婚姻を先送りした

 

国立社会保障・人口問題研究所2017年の時点で「2021年の出生数は約87万人」と推計していましたので、想定より大幅な減少になりそうです。

 

今回はコロナという予期せぬ特殊要因が原因なので、誰も責められませんが、原因はともかく、結果として若い世代の減少が加速するのですから、国力をはじめ、消費社会保障等に相当大きな影響を与えるのは間違いありません。

 

で、どうするか、です。

 

明確な答えは持っていませんが、僕も子を持つ一人の親として、「自分の身を守れるのは自分だけ」と肝に銘じ、子に負担をかけないよう、また子世代にツケを残さないよう行動したいと思います。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop