ブログ「相続の現場から」

「相続」と「相続税」は違います!

投稿日:2021年11月24日

先日、誰もが知ってる超一流新聞相続特集「相続には単純承認と限定承認、相続放棄があります。詳しくは税務署や税理士に確認しましょう。」と書いてありました。

 

???

 

単純承認限定承認相続放棄民法の話しなので税務署や税理士の守備範囲ではありません法律問題弁護士或いは司法書士に相談すべきことです。税務署税理士に相談するのは税金についてです。

 

百歩譲って相続税申告の過程でどのように相続すべきかを税理士に相談するなら分かりますが、記事ではそのような背景の記載はなく、相続発生後の口座凍結に関する説明の一環で触れられています。

 

「相続」と「相続税」は違います。

 

相続とは、民法の話しです。相続人相続分遺産分割遺留分寄与分特別受益贈与遺言養子縁組…全部民法に書いてあります。

 

相続税とは、税法の話です。払うべき税金についてです。

 

誰に何を相談すべきかどのような肩書の人が何ついて専門なのか相続の専門家を名乗るのであれば一般の方へ正しく説明しないといけません。

 

超一流新聞でもこの程度なのかと悲しくなりました。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop