ブログ「相続の現場から」

新聞の見方『事業承継、父への提案』

投稿日:2021年11月17日

令和3年11月3日(水)付の新聞に、『事業承継「後継ぎ娘挑む」~父への提案、準備の徹底と期限設定』の記事がありました。

 

事業承継に直面した中小企業の実態に迫る連載の一つですが、今回取り上げられた石坂産業株式会社の話しは、事業承継スキームがどうのこうのではなく、父のスタンス子の考え方、どちらも人として素晴らしいなあと思いました。

 

石坂産業はいわゆる産廃業者です。ゴミを資源に変える取り組みに挑む」と言っても、周囲の目は産業廃棄物処理会社と見ているでしょう。

 

そんな会社をが継ぐと言うだけでも驚きなのですが、が入社しに提案しても資料すら見てもらえず否定されます。最初の段階で、からの「なぜそれをやるのか?」を説明できないからです。

 

反省し、事前準備を徹底してから提案します。するとは頭ごなしに却下することはなくなります。それからは、期限を決めて宣言する等、娘自身が自分を変えて動くようになり、最終的に会社を任せてもらえたのです。

 

親子だと甘えがあったり、逆に言いにくかったり、会社を運営するためとは言え難しい場面が少なくありませんが、石坂産業の親子は、父と娘を超え人間対人間として互いに相手の立場や会社の将来を考え「どうしたら突破できるのか」「どうしたら周囲から後継者として認められるのか」を追求しつくした雰囲気が伝わってきます。

 

事業承継と言うと、株価対策節税会社法種類株M&A等について、弁護士税理士金融機関コンサル会社等が競ってかっこよいスキームを提案する世界のように取り沙汰されますが、結局最後は人の問題なんですよね。

 

物事が上手くいかない時、相手を責めるのではなく自分を変えてみる。

 

口に出すのは簡単ですが、いざやろうと思ったら余計なプライド感情が邪魔して、思うようにできません。

 

大人って難しいですね…。

 

とても勉強になる記事でした。

 

*写真は本文と関係ありません。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop