ブログ「相続の現場から」

相続実務研修『吉澤塾13期<ZOOM>』第2回「相続手続き」

投稿日:2021年11月15日

令和3年11月13日(土)、相続実務研修『吉澤塾13期』第2回講を行いました。

 

今回のテーマは「相続手続き」

 

全6回の講義の中で一番重要視しているです。

 

 

今回、レジュメ画面共有するのではなく、スライドと一緒に僕が映り込むスタイルに変え、さらに僕が参加者全員の顔を見ることができるようモニター用のPCを追加してみました。

 

いちいち画面共有解除したり設定したりの繰り返しがなくなり、常に参加者の顔を見ながら話すことができるので、少し文字が見にくいかもしれませんが、事前紙のレジュメ郵送しているので、当分の間このスタイルを続けてみようかなと思っています。

 

講義は、「相続が発生したらどうなるか」を理解し、その上で相続発生から逆算「今何ができるか」を考える内容です。

 

相続後の姿を知らない相続対策提案は「絵に描いた餅」に過ぎません。

 

出口を知っているから「こうしておいた方がいいですよ」と助言できるのです。

 

タイトルから事務手続きを想像していた方が多かったようですが、講義内容まったく違います

 

これが相続実務の神髄です。

 

来月第3回のテーマは「生前贈与」贈与契約書を作成し、贈与税を申告納税したことは贈与の成立に一切関係がないと言う「贈与の真実」について語りたいと思います。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop