ブログ「相続の現場から」

吉澤塾相続研究会 第31回ZOOM勉強会『遺言執行者が換価処分した場合』

投稿日:2021年12月7日

令和3年12月6日(月)、吉澤塾相続研究会<第31回ZOOM勉強会>を実施しました。

 

今回は『遺言執行者が換価処分した場合』と題し、遺言執行者の権限事務手続き課税処理について解説しました。

 

 

ますます盛り上がる相続ブームの中で、遺言は今も昔も変わらずその中心にいます。

 

今回は、2つ事例を題材に、

●遺言執行者にはどこまで権限があるのか

●誰に課税され、その申告は誰が行うことになるのか

●実務上注意することは何か

について、ワーキングを交え講義しました。

 

 

ワーキングを取り入れると(インプットだけじゃなく)アウトプットもできるので、理解が深まりますし、自分の言葉で説明できるようになるのでいいですね。

 

 

遺言が日の目を見るのは執行する時です。作成する時ではありません。

 

出口を知らない提案は所詮絵に描いた餅に過ぎません。

 

 

相続実務研修『吉澤塾』は、現場に強い本物の相続コンサルタントを養成する研修ですから、今回のようにあまり本に書いていない「ザ・実務」に拘って講義しています。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop