ブログ「相続の現場から」

相続実務研修『吉澤塾13期<ZOOM>』第3回「生前贈与」

投稿日:2021年12月12日

令和3年12月11日(土)、相続実務研修『吉澤塾13期』第3回講義を行いました。

 

今回のテーマは「生前贈与」

 

 

そもそも「贈与とは」ってどこに書いてあるかご存知ですか?

 

答えは民法です。相続税法ではありません。

 

 

「贈与なのか、名義預金なのか」について課税当局と争いがあった事案の争点のほとんどは「(民法上の)贈与行為があったか否か」についてです。

 

つまり、民法上の)贈与行為があったのであれば問題なしないのであれば名義預金が疑われるのです。

 

 

相続税法に書いてあるのは「みなし贈与」についてです。「みなし」とついていると言うことは、イコール「(純粋な)贈与ではない」ということです。

 

●贈与税の申告納税と贈与の成立には一切関係がない

●贈与契約書はないよりあった方がマシ

●贈与を成立させる極意

等、目から鱗の都市伝説についてタップリ話しました。

 

 

これで年内セミナー・研修はすべて終了しました。

 

明日以降、年明け2月に行う「税制改正セミナー」、各社様から依頼されている研修、そして4月から始まる相続実務研修『吉澤塾<不動産コース>』の資料作成に没頭します。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop