ブログ「相続の現場から」

新聞の見方『中小M&A仲介~悪質業者を排除~』

投稿日:2022年1月6日

令和4年1月5日(水)付の新聞に『中小M&A仲介~悪質業者を排除~経産省、補助金対象外に』の記事がありました。

 

事業承継バブルの中、ますます盛り上がりを見せるM&A業務について、国が質に関する懸念を抱いている状況が浮き彫りとなりました。

 

中小企業庁に対し中小企業のM&A支援機関として登録申請した事業者の数は、2021年10月15日現在2,278件(法人1,700社、個人578名)だったそうです。

 

中小企業庁「事業承継・引き継ぎ補助金(専門家活用型)」を受けるためには登録されたM&A支援機関が提供するサービスを受ける必要がありますので、経済産業省としては不当な手数料買取り価格を提示する悪質業者排除し、補助金の対象から外したいと考えているようです。

 

M&A業務を行うために特別な資格免許は必要なく、参入障壁が低いため、質を担保できないのが問題と言われています。

 

また、M&A成功報酬が基本ですので、

●売り手の簿外債務を買い手側に隠す

●適正水準を上回る価格を提示する

●高く売れる可能性をちらつかせ着手金だけ受け取り放置する

等、「成約してなんぼ」的な強引な提案もあるようです。

 

M&A仲介の多くは売り手買い手双方から手数料を取る「両手取引」双方代理ですので、それで本当に依頼主のために働いていると言えるのか疑問が残ります。

 

空前の事業承継ブームにより、専門のM&A事業者金融機関はもちろん、コンサル会社税理士弁護士等の士業等様々なプレイヤーM&A市場に参入しています。

 

「こんなはずじゃなかった」と嘆く前に、複数の専門家から話を聞き、中立の立場で意見できる人を見つけ、自らの身を守る行動を心掛ける必要があります。

 

「自分の身を守れるのは自分だけ」ですよ。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop