相続スペシャリストのブログ

介護保険が負担増になるって、知ってました?

投稿日:2015年6月17日

本日平成27年6月17日(水)付に日経新聞に『介護保険、法改正で負担増』の記事がありました。

 

20150617_125736

 

今年8月から、以下の改正が行われます。

①65歳以上で年間所得160万円以上の人は、自己負担が2割に倍増する(今までは1割負担)

 ※65歳以上の5人に1人が、この負担増に当てはまる

②高額介護サービス費の負担上限額も上がるが、自治体からの通知に回答しないと、勝手に「現役並み所得あり」とされてしまう

③特養の補助金をもらうための裏技として有名な<住民票の世帯分離>を行っても、補助金対象から外されてしまう

④預貯金額が「単身1,000万円以下、夫婦2,000万円以下」でないと、特養の補助金を受けられない

 

気になるのはの資産額による特養補助金判定ですね。

市区町村には金融機関への聞き取り権限があり、不正が見つかった場合、不正額の最大3倍のペナルティを払う必要があります。

 

もうすぐ「マイナンバー」、始まりますね。

平成30年からは銀行等金融機関の口座番号とマイナンバーの紐付が始まります(←あくまで予定です)

休眠口座を含めた既存8億口座のすべてに紐付するかどうか微妙ですが、少なくても、マイナンバーが本格的に稼働すれば、個人の「所得」や「資産」はガラス張りになりますので、「介護保険の自己負担率」や「特養の補助金」等の判定が容易になるのは間違いないでしょうね。

 

ズルしなければ問題ないのですが、あらためて「老後の生活設計は真剣に考えないといけないな」と思いました。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop