ブログ「相続の現場から」

相談者に目利き力が必要な時代に

投稿日:2019年3月20日

先日、知人から仕事の件で相談を受けました。

 

知人の相談は、「相続を切り口にしてもっと楽に集客したり、儲けたり、そういったシステムを構築したい。自分がアレコレしなくても、ネットワークを組んでそこで仕事が完結するようにし、その運営で儲ける。」と言う話でした。

 

要するに“チャリンチャリンビジネス”ですね。

 

気持ちは分かります。

楽して儲かる話があるなら、乗りたいスケベ心も…正直少しあります。

 

けど、そんなに簡単ではないはずです。

 

僕がちょっと頭に来たのは、その人は少し前まで「相続を勉強し、お客様の困りごとを解決したい」と言っていたのに、そのことがどこかへ行ってしまっていたこと。

 

僕が「せっかく勉強した知識を活かすんじゃないの?」と聞くと、「そうなんですけど…もっと楽なやり方がないかと思って…」と歯切れが悪くなりました。

 

相続で困っている人を助ける、糸口を見つける、解決する、その結果お客様に喜ばれ、感謝された結果がフィーとして返ってくる、のが<相続コンサルタント>の正しい姿ではないでしょうか?

 

そのやり方として、自分一人で解決できる人もいれば、仲間と一緒になって解決する人もいるでしょうから、そこは人それぞれの方法で構わないと思います。

 

問題は<心の底に、困っている人を助けたいと言う気持ちがあるかどうか>です。

 

残念ながらその知人は当初の志が薄れ、お金儲けに走ってしまったようです。

 

相続ビジネスが花盛りになると、色々なプレイヤーが参入してきますから、相談する側にも“目利き力”が必要ですね。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop