ブログ「相続の現場から」

相続の現場から『相続は遠足と同じ』

投稿日:2019年3月22日

「相続って遠足と同じだなあ…」と思います。

 

子どもの頃、「家に帰るまでが遠足」って言われませんでした?

 

先生が解散時に必ず言うセリフですね。

「最後まで気を抜かないでしっかり帰りましょう」という意味です。

 

相続も同じ。

 

財産が確定評価が出揃い話し合い全員が納得したら遺産分割協議書に実印押し申告書等を提出し、名義を変更し納めるもの納めやることが何もなくなったら相続手続き完了です。

 

全部終わるまで絶対に気を抜いてはいけません。

 

話し合いはまとまったけど、名義変更が出来ない。

名義を変えるために、追加で書類が必要になってしまった。

いつまで経っても代償金が振り込まれてこない。

税務調査で新たな遺産が見つかり、振り出しに戻ってしまった。

 

これでは終わったと言えません。

 

でも、実はよくある話なんです。

 

遺産分割に合意をするとホっとしてしまう人が多いのですが、僕はまったく手綱を緩めません。

一度合意した内容が、署名押印直前で反故にされるなんて日常茶番劇ですから。

 

何が起こるか分からないのが相続です。

人も気持ちは日々動きます。

口では何とでも言えます。

 

「相続は遠足と同じ」と聞いて、

「おやつは300円まで」

「バナナはおやつに入らない」

を思い出しちゃ駄目ですよ。

 

何事も最後まで気を抜かす、しっかりやり遂げましょう!

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop