ブログ「相続の現場から」

令和2年度税制改正が気になりますね

投稿日:2019年12月1日

毎年この時期になると気になるのが「税制改正」の行方。

 

特に、仕事柄<相続・事業承継>に関係する項目がどうなるのか、が気になります。

 

改正されると下馬評で高いのが「海外中古不動産を使った節税スキームの封じ込め」

 

耐用年数を大幅に経過したような古い中古の海外不動産を購入し、多額の減価償却費を計上することによって大きな節税効果を生む、ずっと問題視されている例の<あれ>です。

 

平成30年に会計検査院が指摘している問題の行為ですので、まだ改正されていないことの方が驚きかもしれませんね。

 

相続対策を目的としたアパート建築が花盛りな昨今、「消費税の還付スキーム」にもメスが入りそうです。

 

少し前に自動販売機を使った消費税還付スキームにメスが入ったと思ったら、次の手法が編み出される…イタチごっこですね。

 

NISAIDECOといった金融証券税制退職金課税等々、どうなるのか気になりますね。

 

当社が毎年実施している恒例の『相続に携わる人のための令和2年度税制改正』セミナー

令和2年度は、2月東京福岡大阪で実施します。

 

毎年すぐに定員に達ししてしまう人気のセミナーですので、お申込みはお早目に!

 

【東京】2月7日(金)14:00~16:30@市ヶ谷、詳細及び申込みはこちら

【福岡】2月18日(火)14:00~16:30@博多、詳細及び申込みはこちら

【大阪】2月20日(木)14:00~16:30@西梅田、詳細及び申込みはこちら

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop