ブログ「相続の現場から」

空き家は都心部に多い?

投稿日:2020年1月14日

令和2年1月12日(日)の新聞に『空き家、全国主要都市で深刻~東京・世田谷区が最多~』の記事がありました。

 

見た瞬間、意味が分かりませんでした。

 

だって、き家ですよ。

過疎地の方が多いに決まってるじゃないですか!

なんで世田谷区1位なの???

 

なんて思いながら記事を読み、納得しました。

 

空き家「率」過疎地の方が高いのですが、空き家「数」では都心部県庁所在地主要都市の方が多いんですね。

 

世田谷区2位大田区65歳以上の人口の割合が高く、新耐震基準を満たしていない住宅(旧耐震基準住宅)も多いとのこと。

 

都心部地方に比べ人口減少のペースが比較的緩やかなので、未だに住宅の新築が盛んです。

その背景の一つとして相続税対策ブームが挙げられます。

そこへ、建てれば儲かる建築会社が営業攻勢をかけ、お金を貸したい銀行も背中を押し、バンバン新築物件が建てられています。

 

既に住宅は余りまくってますから、本来であれば新築住宅の戸数を抑え、古き良き中古住宅をリノベし、老朽化が激しい建物は取り壊す、のが筋なのですが、日本人は新築志向が高いので、新築ラッシュが止まりません。

 

世田谷区大田区はいわゆる<城南地区>、東京23区でも人気の住宅エリアですが、そこの空家数が全国の市町村で1位って…。

 

大事なのは「率」ではなくて「数」です。

 

このツケは将来必ず誰かが負うことになります。

 

自分さえ良ければいいですか?

それとも問題を先送りせず、将来を担う子や孫に笑顔を届けたいですか?

 

国民全員のモラルが問われています。

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop