ブログ「相続の現場から」

「プロ」っ一体誰のこと???

投稿日:2020年8月24日

先日、某マネーサイトから定期保険に関する執筆依頼がありました。

 

依頼されたジャンルは「おすすめ定期保険」「定期保険の選び方」

 

マジ!?僕に???

 

依頼主は、投資保険ローンクレジットカード身の回りのお金の問題についてその道の専門家がわかりやすく情報を提供するサイトを運営しており、プロが教える>ことを売りにしているそうです。

 

執筆料も頂けるし、記事から顧客獲得も出来るので、コロナで時間的に余裕がある僕にとって有難い話なのですが、ご存知のように僕は相続専門、しかも保険なんて取り扱ったこと一度もないので、残念ですが丁重にお断りしました。

 

タッチ&ゴーで断ってしまいましたので詳細は聞かなかったのですが、記事から顧客獲得に至った場合、何らかのバックとかあるのかな?

じゃないと、執筆者へお金払って、美味しい思いさせて、サイト運営会社もやってられないですよね。

広告料とか別の収益があるのかな?

システムがさっぱり分からん(-_-;)

 

そもそもなぜ僕に定期保険の依頼が来たのか疑問ですが、それはさておき、仮に僕が背伸びして、知りもしない定期保険について適当に「オススメ!」と書いたら「プロがすすめる定期保険」になってしまったんですよね。

 

怖!!!

 

「プロ」かどうかって、自分で言う話しじゃないですし、定義も曖昧ですし、周囲が「プロ」と言えば「プロ」かと言うと今回のようなこともあるし、真面目に考えると一体誰を信じたらいいの~?ですね。

 

今も昔も「プロ」って言葉を極力使わないようにしてきたのですが、改めてその気持ちを肝に銘じました。

 

いや~、世の中色々ありますなあ…。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop