ブログ「相続の現場から」

揉めない相続って…

投稿日:2021年12月28日

相続ビジネスへの誘い文句として、「揉めないように」とか「争いを回避し」「円満相続のために」と言うセリフを目にします。

 

このようなセリフを目にするたびに「何も分かってないな」と思います。

 

何も考えずこの言葉を聞くと「そうだよね」と思ってしまいますが、現実に目を向けると実現不可能な<夢>に過ぎないことが分かります。

 

「とにかく、娘二人の仲が悪いんです」と相談に来た両親がいました。聞くと、仲の悪さは数十年に及び、口もきかない仲だそうです。「私達が死亡した後、娘達が揉めないように今のうちに対策しておきたい」と希望しています。

 

通常だと「遺言を作成しておきましょう。遺言の付言に両親の気持ちを記しておくと気持ちが伝わります。」等と助言するのでしょうが、果たして遺言を作成したら両親の希望は叶えられるでしょうか?

 

僕は「揉めないようにとおっしゃいますが、姉妹の仲が悪いので必ず揉めると思います。どんな対策を講じても、仲が悪い姉妹が仲良しになることはありません。『揉めないように』はできませんが、『揉めても相続後の手続きが進むように』することはできます。それでもよろしいですか。」と尋ねます。

 

「揉めるか/揉めないか」人間の感情や相性の問題なので、誰かが何かをしたら揉めないなんてことはありません

 

仲の悪い姉妹が仲良くなる対策なんて聞いたことありませんし、目にしたこともありません。

 

「揉めないように」とか「争いを回避し」「円満相続のために」言葉が足りないと思います。

 

正しくは揉めても相続手続きが滞らないように」とか相続手続きの争いを回避し相続財産の名義変更を行えるように」「円満相続手続きのために」ではないでしょうか。

 

我々相続コンサルタントは、相続における前後の対策や手続きについて助言できるだけです。

 

人の感情はコントロールできません。

 

「この人に相談したら娘達が仲良くなる…」なんて勘違いされないように、何ができて何ができないのか、きちんと説明しないといけません。

 

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • DVD・オンラインコース

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座
  • 民法改正一日講座
DVD・オンラインを購入

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop