相続にまつわるQ&A

FAQ

廃除と相続欠格について

息子を廃除したいのですが、生きている内に手続きしないと駄目ですか?

矢印アイコン

1、

廃除は生前でも遺言でも申し立て可能です。
息子を廃除した場合、息子の子(孫)に相続権はありますか?

矢印アイコン

2、

息子の子(孫)には代襲相続権があります。
子を廃除した場合、子の戸籍には廃除した旨が記載されるのでしょうか?

矢印アイコン

3、

戸籍の身分事項に記載されます。
30年間音信不通の息子を廃除したいのですが、可能でしょうか?

矢印アイコン

4、

廃除の原因は、虐待や重大な侮辱、著しい非行等ですので、単なる非行や不仲程度では、いくら30年間音信不通でも廃除は難しいでしょう。
相続欠格はどのように手続きするのですか?

矢印アイコン

5、

先順位の相続人を殺害したり、詐欺・脅迫によって遺言を作成させたり、遺言書を偽造・変造・破棄した場合、法律上当然に相続欠格に該当しますので、特段手続きは必要ありません。
相続欠格事由に該当した息子がいるのですが、息子の子(孫)に相続権はありますか?

矢印アイコン

6、

息子の子(孫)には代襲相続権があります。
子が相続欠格に該当した場合、子の戸籍にはその旨が記載されるのでしょうか?

矢印アイコン

7、

戸籍の身分事項には何も記載されません。
相続にまつわるQ&A
FAQ

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

メールアドレスを登録
pagetop