ブログ「相続の現場から」

ただ今、相続評価基本通達『総則第6項』について執筆中…

投稿日:2014年12月24日

今年8月の雑誌『AERA』に掲載された「タワマン節税の落とし穴」に関連し、大手会計専門誌より相続評価基本通達『総則第6項』適用をめぐる実務留意点 執筆の依頼を受け、ただ今奮闘中…。

発売は年明け『3月号』になるとのこと。

 

そもそも僕は税理士じゃないので、条文や法令の読み込み等は超大変…て、言うか、勉強したことないんですから、無理!

何度も心が折れそうな年の瀬を迎えています…。

もちろん、会計専門誌にただのFPが単独で執筆出来る訳なく、税理士の先生との共著になります。

「難しい話は先生にお任せ!」の気持ちで何とか役割を全うします。

 

それにしても、執筆しながら「年明けからの“相続対策ブーム”が怖いなあ」と思ってしまいました。

 

『総則第6項』って、“伝家の宝刀”的な部分があり、法的に問題ない(と思って行った)節税なのに、イザふたを開けてみたら国税から「駄目」と言われてしまう可能性がある取扱いなんです。

 

相続対策がブームになり、不慣れな“自称プロ”が、にわか節税をお客様に勧めないかどうか、心配でなりません。

やはり、相続「税」対策は、資産税に強いと自他共に認める、知識と経験豊富な“本当のプロ”にお願いしましょうね。

 

20141221_083956

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

DVD購入はこちら

吉澤塾 相続事例研究会

吉澤塾半年コースの復習用DVD購入はこちら

お客様・参加者の声

ブログ「相続の現場から」

相続診断協会

pagetop