相続スペシャリストのブログ

事業承継とは何か

投稿日:2017年10月13日

平成29年10月6日(金)付の新聞に、『大廃業時代の足音』中小「後継者未定」127万社の記事がありました。

 

●後継者不在のため、例え黒字であっても中小会社が廃業に追い込まれている

●このままだと日本の産業基盤は崩壊する

と言う内容です。

 

昨今、「事業承継」がブームですね。

少し前の「相続」ブームの波が「事業承継」に移っていますね。

 

そもそも「事業承継」って何ですか?

 

個人が死亡すると「相続」

オーナー社長が死亡すると「事業承継」

って勘違いしている人、多いですよね。

 

違いますよ!

 

オーナー社長が死亡しても「相続」です。

通常の「相続」に加え、<会社のことも考えなければいけない>だけです。

 

この部分をしっかり認識しないとグチャグチャになります。

 

特に金融機関の人は、

個人=リテール部門 ⇒「相続」

法人=ホールセール部門 ⇒「事業承継」

と勝手に仕分けしているため、妙な勘違いが生じてしまっています。

 

もう一度言います。

「オーナー社長が死亡したら相続です。但し、会社のことも考えなければいけません。」

 

そもそも「事業承継」って本来「相続」とは関係ありません

 

長男に継がせなければいけないと言うルールはありませんし、

死亡するまで会社(事業)を続けなければいけないこともありません。

 

事業に相続はありませんから、「事業」の「承継」を検討することが「事業承継」です

 

ところが、何も考えない、もしくは考えていたが時間切れとなってしまうと、

相続の発生により強制的に事業承継が開始されてしまうのです。

 

また、何やかんや言っても、子に継がせたい・子が継ぐケースが多いため、

<相続の発生による強制的な事業承継>

<相続人である子が財産を引き継ぐ相続>

が同時並行で発生してしまい、

その結果、

オーナー社長の相続=「事業承継」

と勘違いされているのだと思います。

(風が吹けば桶屋が儲かる的な話ですね)

 

本来、事業承継スペシャリストに必要なスキルは、資金調達海外展開のノウハウ、労務管理リストラM&A人脈及びネットワーク法務税務等幅広く、相続もその一分野に過ぎません。

 

僕は相続には自信がありますが、事業承継スペシャリストではありません。

オーナー社長の相続には自信がありますが、事業の承継ノウハウやスキルは有していません。

 

と言った、内容のNEWセミナー

『事業承継の基礎』~自社株・会社法・借入金・退職金・生命保険・不動産…必ず押さえておきたい事業承継のポイント~

を東京と大阪で開催します。

 

【東京】平成29年12月5日(火)14:00~16:30、詳細及び申込みはこちら

【大阪】平成30年1月17日(水)14:00~16:30、詳細及び申込みはこちら

 

相続屋目線の事業承継を学びたい方、是非ご検討下さい!

メールアドレスを登録

相続実務研修吉澤塾

  • 半年コース
  • 短期集中コース
  • 一日集中講座

1日コース

  • 一日集中講座
  • 事業承継一日講座

吉澤塾 相続事例研究会

DVD販売

お客様・参加者の声

相続スペシャリストのブログ

相続診断協会

pagetop